Ken's Life Style@Singapore

雑談とちょっとした豆知識、たまにシンガポール情報をお伝えします。

生活

トマトで美肌に!トマトの栄養ってすごい!

投稿日:2015-11-18 更新日:


トマトは栄養価が高く、美肌効果があることをご存知でしょうか。

食感が苦手で嫌いな人も多いと思います。
しかし、トマトはよく知られているようにたくさんの栄養が含まれているのです。
それゆえ、美肌にすごく効果的です。

それでは、なぜトマトで美肌に!を解説していきたいと思います。


Sponsored Link

なんで美肌効果があるの?

簡単に説明しますと、トマトはトマトに含まれているリコピン以外にもビタミンやミネラルが多く含まれている野菜であるからです。
そして、それらがお肌の改善に大きな効果があるものばかりなんです。。
 
 


 
 
a0002_011319_m
 
 


 
 

リコピンって何?美肌のためのトマトの食べ方

まず、トマトの栄養価を語る上で重要なのはリコピンです。

リコピンとはトマトの赤い色のことを言います。
このリコピンの主な効果として、老化防止や生活習慣病を防止する効果があります。

さらに、トマトに含まれるリコピンやβ-カロテンはカロテノイドという成分の仲間であり、これらががん予防・生活習慣病に大きく効果があります。

その理由は酵素が持つ細胞を酸化させる力に対して抗酸化作用があるためなんです。

リコピンはその抗酸化作用が他の野菜や成分に対して非常に高いのでfont color=”red”>がん予防・生活習慣病に対して非常に効果があります。

また、リコピンを摂取する知識として、意外と知られていませんが生野菜の方がリコピンを摂取するには向いていません。
リコピンを摂取したいならば加工したトマトのほうがリコピンを多く吸収できるそうです。

それは、油を使用した料理で合っても同じことが言えます。
 
 


 
 

その他に含まれている栄養

 
その他に含まれる栄養価にはビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、食物繊維、鉄分、カルシウム、クエン酸などが挙げられます。

ビタミンA、ビタミンB、ビタミンEはもちろんですがお肌の改善に大きく関係してきます。

ビタミンAには皮膚・粘膜を保護する効果
ビタミンBには美肌効果
ビタミンEには老化防止効果

特にこれらの栄養価が優れているので美肌効果が他の野菜の数倍あります。
そのために、トマトは美肌効果があると言われているのです。
 
 


 
 

まとめ

抗酸化作用に関しては20代をピークにして下がる一方と言われているようです。

若いうちであると体が勝手に酵素による酸化を食い止めようとしますが、年齢が高まるにつれて
自分で摂取しなければ老いていくばかりになってしまいます。

トマトの摂取は美肌効果はもちろんのこと老化防止にも効果があるのでぜひ積極的に食べたいですね。

Sponsored Link




Sponsored Link




-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事に疲れた人に読んで欲しい物語

「このままでいいのかな?」 人間であれば、誰しもが感じたことがあるのではないでしょうか。 自分の将来、現状が不安になり、何もかもが上手くいかない。 何か新しいことを始めたいのに勇気がでない。 「あれ、 …

香水メンズ用仕事でも使えるオススメ4選

最近では、香水を日常的に使う人も増えてきました。 欧米諸国では女性はもちろんですが、男性でも香水を使う文化があります。 しかし、日本では男性が香水を使う文化がありません そのため、フォーマルな場所・カ …

アイマスクで睡眠時間が短縮!?3ヶ月着用したわたしが感じたアイマスクの効果とは!?

あなたは睡眠の質が悪いと感じていませんか? わたしは3ヶ月前までずっと睡眠の質が悪いなと感じており、何とかしたいと思っていました。 しかし、実際に睡眠の質を高めるって難しいですよね。 そこで前から気に …

日記をつける効果とは?心理的にも日記をつけた方が良い理由4つ

あなたも1度は日記をつけたことがあると思います。 しかし、日記をつけることってなかなか続きませんよね。 わたしも最初は続けるぞと思っていてもいつの間にか3日坊主になってします経験が幾度もあります。 子 …

シンガポール駐在の持ち物にはこれが必要!シンガポール駐在のわたしが持って来なかった後悔している持ち物3つ

シンガポールにも慣れてきました 新しい環境にへの順応性は優れていると自負していますが、環境が変わると疲れますね。 わたしもシンガポール駐在が決まり漸く生活環境が落ち着いてきましたのですが、最近は日本か …