Ken's Information @Singapore

ちょっとした豆知識、たまにシンガポール情報をお伝えします。

爪噛む癖が治らない原因と解決法をお答えします。

 

Sponsored Link

    2015/12/06


「爪を噛む癖をやめたいな〜」だけど、なかなか治らない。

子供だけでなく、大人でも爪を噛む癖が治らない人はたくさんいます。

そんな「爪を噛む癖が治らない」人のための解決方法」を紹介していきたいと思います。
 

Sponsored Link





爪を噛んでしまう原因とは?

爪を噛んでしまう癖には、あなたが気付いていないかもしれない心理的原因があることをご存知でしょうか。

爪を噛むことには、主に2つの心理的原因が存在します。

1.ストレスを抱えている。

爪を噛む癖があるということは無意識にストレスを発散したいという心理的欲求から行われているかも知れません。それは、「爪を噛む」という自分を傷つける行為によって、心理的なストレスを身体的な痛みに変換していることが考えられます。そのため、「爪を噛む癖」がある人はストレスを抱えているかもしれません。

2. 精神的な安定を求めている。

こちらは、ストレスを抱えていることとリンクしてきますが、「爪を噛む癖」がある人は精神的な安定を求めている可能性があります。「爪を噛む」という行為は、精神状態を安定させる効果があります。これは、「ガムを噛むこと」も同じ効果があると考えられています。よく、プロ野球選手などスポーツ選手はガムを噛むことで緊張感を和らげていますね。

また、「爪を噛む」という行為が「指しゃぶり」からの起源であることはご存知でしょうか。
「指しゃぶり」とは、生まれたばかりの赤ちゃんが母親から授乳することで安心するように、自分の指を変わりにしゃぶることで精神的な安定を図ります。
このように、無意識に「爪を噛む」ことはその人が精神的な安定を求めている合図でもあります。




a0002_007463_m




爪を噛んでしまうことにもメリットとは?

爪を噛んでしまう癖は、健康に良い証拠です。
なんで?と思いますがデメリットばかりではありません。
以下、爪を噛む癖ことによるメリットについて2つ紹介します。

1.免疫力が向上する
本来、わたしたちの爪はウィルスが多く生息しており、非常に汚い部分でもあります。
そのため「爪を噛む癖」がある人は爪を噛むことで、わずかながら外部からウィルスを体に取り込んでいます。
それは、インフルエンザになった人が再度インフルエンザになりにくいように、体の中に抗体をつくることによって免疫力が向上しているからなんです。

2.ストレスを発散できている
爪を噛む癖がある方は、仕事や人間関係など様々なストレスに対してコントロールしようとしている証拠なのです。
そのため、爪を噛むということで精神的なストレスを発散することができます。
このように、爪を噛むこと全てが悪いというわけではありません。

次に爪を噛んでしまうことに対するデメリットを2つ紹介していきます。




爪を噛んでしまうデメリットとは?

「爪を噛む」ことは、もちろん本来はあまりいい行為ではありません。
このまま、「爪を噛む」癖を辞めないとどのようなことになるかデメリットを紹介していきます。

1.爪、指先が傷付く
無意識に「爪を噛む」癖を続けてしまうと、本来「指を守る」役割を果たしている「爪」が短いがために指先に傷が付きやすくなります。
あまりにも短くなると、爪の形が変形してしまうため見た目がブサイクな爪になってしまいます。

2.歯並びが悪くなってしまう
爪と「歯並び」は一見関係なさそうですが、「爪を噛む」癖は、歯並びに大きな影響を与えます。
爪って意外と硬いです。
そのため、無意識に「爪を噛んでしまう」という人は歯並びが悪くなっていく恐れがあります。




爪を噛む癖を解決する方法2つ

爪を噛む癖を本気で治したいという方、少しずつでも治したいという方は非常に多くいると思います。

私も、ストレスが溜まると爪を気にしてしまう癖があります。
私の場合は「爪を噛む」ということはなく「こすってみたりする」癖があります。
いわば、これが自分のストレスを測るバロメーターでもありますが、爪を噛むこと同様にあまり良い癖ではありませんよね。

少しでも、「爪を噛む癖」を治すために「爪を噛む癖解決方法」を紹介していきたいと思います。

1.ストレスを発散する。

まずは、ジョギングやランニングをすることでストレスを一時的に忘れるようにすることが効果的です。

よく、「運動することで気持ちがリフレッシュできる」と言われますが、何かに没頭することは悩む時間が減ります。そのため、何か一つ没頭できることを持つことはストレスを発散するにはいいでしょう。

その一つとして、ジョギング・ランニングがあります。

これらは始めることに、お金がかからないため比較的簡単に始めることができます。
何か一つのことに没頭することで少しずつストレスを溜めないようにすることが大事です。

2.代替案でカバーする。

これは、爪を噛む癖を代わりになるものでカバーするということです。

たとえば、ガムを噛む習慣を身につけることや特定の爪に包帯を巻いておくことがあります。

強制的に爪を噛めない状況をつくることで爪を噛む癖を治していきます。




まとめ

爪を噛む癖は、もちろん良いことではありませんがストレスを測る一つのバロメーターになります。
まずは「ストレスを抱えないこと」
爪を噛む癖を強制的に治すことも重要ですが、ストレスのない生活を送ることを心がけてみてはどうでしょう。
 
 

Sponsored Link

 - 生活 ,