Ken's Information @Singapore

ちょっとした豆知識、たまにシンガポール情報をお伝えします。

【シンガポール】シンガポール駐在員の朝食事情。長らく悩みの種であった朝食メニューが決定しました。

 

Sponsored Link

    2016/05/02


シンガポールに来て、1ヶ月。
シンガポールに住んでいる日本人の悩みの種はいつだって食事です。

シンガポールなんて、都会だろ。
何でもあるだろこらぁ!

なんて言っているやつはグーで殴りたい。(嘘ですが)

やっぱり、モーニングとかしたいんですよね。
モーニングと言ってもたくさん汚い店があって、エアコンもない暑い場所ですけどね。

これ、ホーカーセンターですね。

今回はわたしが毎日、出勤前に食べているシンガポールでの朝食について紹介していきます。

Sponsored Link


ホーカーセンターって!?


ホーカーセンターとは、日本で言うフードコート屋台バージョンといったところでしょうか。
物価が高いシンガポールでは、シンガポール人に限らずみんなが利用します。

日本円で300〜400円くらいの値段で出来立てのご飯が食べられます。

とにかく、早朝から深夜遅くまでいろいろなお店がオープンしています。
朝早くから、遅くまで手軽にご飯を食べられる環境があることは非常にいいことなんですが、
一つ問題があるとすればお店が多すぎてどの店を選べばいいか分からないことです。

それが、特に朝食となると・・・ なかなか見つからない。

わたしは日本では、専らの「パン派」
とにかく、朝はパンなのです。

家でパンを焼いて食べればいい訳ですが、せっかくシンガポールで生活しているのだから、美味しい朝食を追い求めます。

パン、ヌードル、ご飯・・・
シンガポールの朝食のバラエティは本当にたくさんあります。

その中で、最終的に落ち着いたの朝食は、「カヤトースト」

シンガポール人の朝食といえばと呼ばれるほど、ソウルフード的な朝食です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
引用:http://avesviajeras.blog87.fc2.com/blog-entry-39.html


パン、アイスコーヒー含めて3ドル(約240円)これを出勤前に毎日食べているのですが、
このどこでも食べても大差ないような食べ物でもホーカーの各店舗によって味が違うのです。

これがシンガポールの面白いところ。

もちろん、モールの中にあるエアコンが効いた場所にあるパン屋さんも美味しいですが、

シンガポールと言えば、ホーカーセンター。

ぜひ一度食べてみてはどうでしょうか。

まとめ


シンガポールと言えばホーカーセンター。
朝食が決まらないとお困りの方は、やはり原点の「カヤトースト」を食べてみては!?

ぜひ、朝からシンガポールスタイルで良い1日のスタートを切ってみてはどうでしょう!?

Sponsored Link

 - シンガポール