Ken's Information @Singapore

ちょっとした豆知識、たまにシンガポール情報をお伝えします。

【シンガポール】就労ビザEMPLOYMENT PASS(EP)取得までの流れ

 

Sponsored Link

 



相変わらず、シンガポールは暑いですね。
シンガポールにいると今が何月なのか忘れそうになりますね。

今回は、シンガポールで働く上で欠かせないビザについて、書きます。

シンガポール就労ビザには、主に2種類(EMPLOYMENT PASS(EP)、S PASS)あります。

しかし、今回は多くの日本人が対象であろうEMPLOYMENT PASS(EP)について説明します。

Sponsored Link


・EMPLOYMENT PASS(EP)

略してEPと呼ばれています。
シンガポールで働くためには、もちろん就労ビザを取得する必要がありますが、
日本人であれども簡単に取得できるわけではありません。

条件としていくつかあります。(これは他サイトを観ていただければ色々と条件が出てきます)

その中で、特に重視されることが2点

1.キャリア(年齢、学歴)

シンガポール政府は、基本的にシンガポール人が代わりになれるような人には就労ビザを発行しません。
そのため、日本での就労経験、出身大学、年齢が大きく関係してきます。

2.給料

EMPLOYMENT PASS(EP)を持つ人に対して、企業がある程度高い給与を払う必要があります。
現在では月給S$3000位上と定められています。
ある程度という額は、実際にはS$3000であることが多いそうです。

しかし、これらは運やキャリアとの関係もあるので一概には言えません。

JSK542_passtomemo_TP_V
それでは、EMPLOYMENT PASS(EP)取得までの流れを説明していきます。

基本的に駐在員、現地採用どちらも同じ流れで進んでいきます。

就職活動

企業があなたを採用しますとオファーを出す。

企業と雇用契約書を結ぶ

企業がMOMに就労ビザを申請する。

MOMから合格通知が届く

MOMへ訪問(必要資料の提出、)

EMPLOYMENT PASS(EP)カードが発行される。

簡潔にこの流れで進んで行きます。

EMPLOYMENT PASS(EP)取得者が必要な部分はMOMから合格通知が届いてからMOMまで出向くことです。

それまでの申請手続き等はシンガポール人、企業がしてくれますので心配する必要はありません。

次回はMOMまでの行き方!「わたしは迷子になりました」です。

Sponsored Link

 - シンガポール, 仕事