Ken's Life Style@Singapore

雑談とちょっとした豆知識、たまにシンガポール情報をお伝えします。

社会人からのゴルフはオススメ!「なぜ、ゴルフを今はじめるべきなのか」

 

Sponsored Link

 


新年を迎えましたが、相変わらずだらだらと生活しています。
今年も海外で年を越すことになるとは、5年前の自分は想像してませんでした。

3年前の自分は何となく、想像してましたが、、、
今でもありますが、あのときは、「とにかく海外で働きたい!」そんな思いが強くありました。
自分の人生を振り返ってみると「こうなりたい!」と強く願うことで切り開けてきた事が多々あるような気がします。

引き寄せの法則ではないですが、強く思うことって意外と大切ですよね。
仕事でも嫌な商談のときは、逆に明るいイメージを持って望むと、結果的に良かった!となることがあります。

Sponsored Link


前置きが長くなりましたが、ゴルフについて書いていきます。
社会人になればゴルフをしよう!なんてお誘いを受けます。また受けたことがある人は多いのではないでしょうか。

わたしも、社会人になってから会社の同僚からゴルフに誘われました。
ゴルフは未経験ですので、最初は断っていましたが、よく聞くように「付き合いのため」と言うことでゴルフをはじめました。

しかし、実際ゴルフをはじめてからはすっかりハマってしまいました。
もちろん、付き合いとしてのメリットはありますが、
その他にもゴルフをはじめることでいいことがあるので書いていきたいと思います。

ゴルフをはじめるべき理由は、シンプルに3つあります。


1.人付き合いのため

ゴルフは人とコミュニケーションを取るには最適なツールです。
サッカーや野球のように年齢に限界のあるスポーツではありません。
だからこそ、老若男女すべての人と共通の会話として楽しむ事ができます。そして、気難しいお客とゴルフの話題で意気投合してしまったなんてこともよくあります。

また、ゴルフをする人は日本人だけでは、ありません。世界共通のスポーツとして、どんな人でも国でもプレイすることができます。

2.感情をコントロールするため

ゴルフは気持ちでスコアが大きく変動するスポーツです。
気持ちが不安定だと、力を入れすぎてしまったり、焦ってとんでもない場所に打ち込んでしまったりします。

ゴルフをする上では、常にリラックスして平常心でプレイをする事が重要ですが、最初はなかなか上手くいきません。
しかし、だれでもゴルフを続けていく事で、少しずつでも気持ちをコントロールできるようになっていくものです。

これは、ビジネスの場でも常に平常心でいるための練習となります。
商談の席で感情的になることなく、仕事を進めることは重要です。特に海外ビジネスでは感情的になればなるほど商談が不利になることもあります。常に平常心を保つためにもゴルフは最適なスポーツです。

3.体調管理のため

あなたは1日どれくらいの距離を歩いていますか?
社会人になると、歩く距離は限定されます。オフィスワークだと、1日4000歩?
それくらいの方が多いのではないでしょうか。ちなみに成人男性が痩せるためには1日10000歩を目指す必要があるようです。

ゴルフを18ホール回ると大体1日10000歩近くまで到達します。スコアが100切るような上手いひとだともっと少ないと思いますが、、、

わたしも普段はほとんど運動をしません。しかし、ゴルフをすることで今のところ体調管理もできています。
また、年を重ねるにつれて、確実に運動をする機会は減っていきます。

運動をする機会をつくるためにもゴルフをはじめる事をオススメします。

まとめ

ゴルフをはじめて1年が経ちました。
最初は、「まあ付き合いではじめました」と言う感じでしたが、今では「週末にゴルフにいきませんか?」と
いう立場になってしまいました。
もちろん、ゴルフを好きになった理由に上記3つは大きく影響しています。
しかし、個人的にはゴルフを続けていく中で「自分のスキルが上達している」という達成感を感じている事がゴルフ続けている一番の要因かと思います。

仕事でもその他のことでもやはり、達成感を得る事は素晴らしいです。

また、ゴルフを通して新しいコミュニティーもできました。
普段は話す事が内容なひととも、プレー中は話すチャンスがあったりします。
また、プレーをする中で「この人はこんな人だったんだ」と気付いたりもします。

ゴルフをはじめたのは20代半ば。
これから何年もできるスポーツですし、今はじめることに損はないです。
ゴルフをはじめようか迷っている方は是非ともはじめるきっかけになればと思います。



Sponsored Link

 - 仕事