Ken's Life Style@Singapore

雑談とちょっとした豆知識、たまにシンガポール情報をお伝えします。

海外出張者必見!海外駐在員が選ぶ、海外駐在者へのお土産5選

 

Sponsored Link

 


どうもKenです。
そういえば海外勤務になり、はや3年目になります。

いや〜、時が経つのは早い!
Time is Money って言いますし、今のうちにやりたいことはしておかねばなりません。

毎日、仕事か寝るか見たいな生活をしていますので、そろそろ頑張ります!起きます。

Sponsored Link


さっそくですが、海外に住んでいると日本食が恋しくなります。
2年くらいでそんなこと言うなと思うかもしれませんが、日本食はやっぱり美味しいです。

この日本食を食べたくなるブームは定期的にやってきまして、
たまに日本からの出張者に買ってきてもらったりします。

海外勤務をしている人にとって日本食を買ってきてくれることはありがたいです。
感謝です。たまにこれはここでも買えるよーってものもありますが、、、


そこで、私なりに日本から買ってきてもらった食べ物で嬉しかったものを
3つリストアップします。同僚が海外勤務で今度出張で行くことがある人は是非買って持って行って下さい。
留学中の友達がいて、持っていってあげるなんてことも嬉しいと思います。

今回は、自ら届けるということを前提に日本から発送することが難しい食べものに絞ります。
完全に私目線ということで、トリッキーな食べものも含みます。

①果物、野菜
果物、野菜!?現地で買えるじゃないか!となりますが、実は海外と日本の果物、野菜の味は全然違います。
また、シンガポールでも日本の果物、野菜を購入することはできますが、値段が高すぎて買うことをためらいます。

日本にいると普通のことですので感じることはないですが、特に日本の野菜は甘く、美味しいです。
海外だとさらに美味しく感じます。

日本で購入すると値段もそんなに高くないので、お土産としては購入しやすいと思います。(野菜価格高騰していますが、、、)

特に、キュウリ、トマト、キノコ類この辺は重宝されます。

②牛肉、豚肉、ソーセージ

またも生鮮食品です。
生鮮食品は日本から発送することができないため重宝します。
希少価値が高いのです。

すでに紹介した野菜と同じです。
また、海外は美味しいバラ肉が手に入りにくいため、久々に食べる日本の肉は最高です。
焼肉文化がある国ですと別ですが、日本から持ってきてもらった肉を焼肉のタレをつけて食べる。

これまた最高です。


③スナック、菓子パン

意外にも嬉しい食べものがスナックや菓子パン。
お腹を満たさないわりに容量が大きいため、出張者に持って行くことをためらわせます。
しかし、もし出張者の方が見ていましたら、是非持って行って下さい。

意外にも、菓子パンのような何も特別でない食べものが食べたくなるものです。

わたしも先日、約1年ぶりに菓子パンを食べましたが、感動しました。
いつもなら普通と感じていた味ですが、美味かった、、、

誰かまた持ってきてくれよと思いました。

④ビール(日本のもの)

これは国を選ぶかも知れません。
例えば、シンガポールでは日本のビールは不要かも知れませんが、
イスラム教圏に行く場合はアルコール飲料がなかなか手に入りません。

場合によっては手に入っても日本のビールが手に入ることはまずないでしょう。
日本のビールは日本人に合うように作られているのでしょうか。

わたしもたまに飲みたくなります。大量に持ってくることも難しいですし、少ないビールを
少しずつ飲むのは至福ですね。みんなで飲むお酒も美味しいですが。

⑤お米

5つ目は正直あまり浮かびませんでした。
それでも、あえて選ぶならお米。お米は日本で買うと安いですが、海外で買うとなると非常に高い。

また、海外でも購入できますが、味が全然違いますので注意が必要です。
以前、日本米もどきのお米をシンガポールのスーパーで買いましたが、食べれる味ではなかったです。

日本食は日本米があってこそです。
お米にはこだわりましょう。

また、重量はありますが2キロでいいので買ってきてくれると喜びます。

まとめ

海外に住むと日本と違い不便を感じることはごく当たり前のことです。
特に食事は国が違うと大きく違い、食べたいものが食べれないなんてことになります。

また、それがストレスになったりもします。

海外の方に会いに行く方は是非とも何かしら買って持って行ってあげて下さい。
上記5つの食べもの出なくても何でも喜んでくれると思います。

それでは!




Sponsored Link

 - シンガポール, 仕事 ,