Ken's Information @Singapore

ちょっとした豆知識、たまにシンガポール情報をお伝えします。

コーヒーの飲み過ぎどうなるの効果

 

Sponsored Link

 


コーヒーをついつい飲み過ぎてしまうことありますよね。
コーヒーの飲み過ぎはズバリ「体に悪影響」です。

110_F_32282345_mnNBq8ohPcsB9ZA7VEeyZoIc3xcfMoby

コーヒーは適度に飲むことで2つの効果があります。

1.脳卒中の予防

コーヒーを適切な量飲むことは脳卒中になるリスクの抑制に大きく関わりがあるそうです。
コーヒーに含まれる「ポリフェノール」が脳卒中の発生リスクを抑えるという研究結果が出ています。
飲み過ぎは良くありませんが、コーヒーを飲む習慣があるということは脳卒中になりにくいということです。

脳卒中とは正式名は「脳血管障害」と呼ばれる病気です。

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血なども「脳血管障害」に分類されます。
脳卒中になる最大の原因は高血圧です。
ポリフェノールにはそれを抑制する効果があるのです。

年間12万人が脳卒中で亡くなっています。
病気による死亡原因では第4位です。
それだけ、可能性が高い病気ですがコーヒーを飲む習慣があることで少しでも発症率を抑えることができます。

2.脂肪の燃焼を促進させる。

これによって、ダイエット効果が期待できます。
中性脂肪を抑制します。運動不足の方こそ期待大きな効果があるでしょう。

次に「コーヒーを飲み過ぎた場合の悪影響」を説明します。

コーヒーを飲み過ぎると体に悪影響を与えることは述べましたが具体的には2点あります。

1.致死率が高くなる。

これはコーヒーに含まれているカフェインが原因です。
カフェインは一定以上の摂取をすることで健康に悪影響を及ぼすことが研究にて証明されています。
適切な量であれば健康に良い影響を与えますが、多く摂り過ぎると悪影響です。
そのため、毎日3杯程度を目安にコーヒーを摂取することをオススメします。
ちなみに、成人男性であれば400㎎が適切だと言われているそうです。

2.睡眠の質の低下

これも同じくカフェインが原因です。
よく言われていますようにコーヒーを飲むと目が覚めます。
これはコーヒーに含まれるカフェインによって覚醒状態になるからです。
そのため、朝のコーヒーは1日のスタートとしていい習慣です。
コーヒーを飲むことで目が覚めますので、仕事や学校前に飲むことはいいことです。

しかし、目が覚めるということは睡眠には悪影響です。
睡眠の質の低下に大きく繋がりますので寝る前にコーヒーを飲むことは辞めましょう。
しっかりと睡眠が取れていないということは健康に大きく関係してきます。

また、空腹時のコーヒーも危険です。
特に朝食時に、最初にコーヒーを飲むことはやめましょう。
胃が荒れる原因になります。それは、分泌された胃液で粘膜を溶かします。
朝食の際は少し食べ物を食べてからコーヒーを飲むようにしましょう。

これらがコーヒーを飲み過ぎたらどうなるの。
良い効果と悪い効果になります。
コーヒーは好きという方は本当に多いと思われます。
しかし、コーヒーの飲み方、飲み過ぎには十分注意が必要です。

毎日飲むものだからこそ、良い面、悪い面を把握して優雅なコーヒータイムを。

Sponsored Link

 - 未分類