THE NEWS

ちょっとした豆知識と旅行情報をお伝えします。

生活

ダニ!?かゆい!服にうつるダニの退治法!!

投稿日:2018-09-28 更新日:

スポンサーリンク

ダニって服にうつるんです!

ダニはほとんどのご家庭に潜んでいる世界でも一般的な害虫です。
しかし、気付かない間に服にうつっていて刺されてしまった!
そんな経験をしたことはありませんか!?

もしくは、服にうつることを知らなかった!!という人もいるかもしれません。

実はわたしも、ダニが服にうつることなんて知りませんでした。
そして、服からうつったダニに刺された経験から、ダニが服にうつることを知りました。

特に、わたしが現在住んでいる南アジアは気温と湿度が高いため、ダニとの遭遇は日常茶飯事です。今では、服からうつったダニに刺されたことは1度や2度ではありません。

本記事では、そんなわたしが服にうつるダニの退治法!!についてご紹介していきます。

ダニが発生する時期

まず、日本のダニは5月頃から繁殖します。

ご存知のように、ダニは暖かく湿った環境を好むため梅雨が近づくと急激に繁殖します。

ダニの繁殖力は凄まじく、一度繁殖すると瞬く間に増えていきます。
その後は、夏が終わるまでは繁殖を続けて、秋頃になると繁殖が落ち着いていき次第にダニの数は減少していきます。

しかし、冬頃でも暖かく湿度の高い畳の中にダニが生息していることがあります。畳には注意が必要です。

要するに日本では5月から9月までにダニの生息に適した環境があるため注意が必要です。

対して、わたしが住んでいる南アジアは年中梅雨みたいな環境です。
気温、湿度が高くダニにとっては天国のような環境。もちろん、ダニは急激に繁殖します。

そのダニの退治法正解ですか!?

一般的にダニの退治法で思い付くことは、天日干しと洗濯機での水洗いではないでしょうか。

結論から言うと、それらの方法ではダニを退治することはできません。
理由は、ダニは「熱」、「乾燥」以外で全滅させることができないからです。

それでは、ダニはどうすれば全滅するのか。

「熱」については、ダニの全滅には50度以上の高温が必要です。
そして、天日干しは50度に到達することができず、熱が十分に行き渡ることができません。
また、紫外線もダニに効果的だと考えられていますが、効果はありません。

上記を理解した上で、適切にダニの退治をしていきましょう。

正しいダニの退治法

ダニを全滅させるためには、50度以上の高温が必要です。

今回はダニの退治方法を2点紹介します。

ダニのうつった服を沸騰したお湯に浸け置きする

1番簡単な方法です。
ダニのうつった服を50度以上のお湯に浸け置きすることでダニを絶滅させます。

ちなみに南アジアに住んでいるわたしもダニが服にうつったら50度以上のお湯に浸け置きすることでダニの繁殖を防いでいます。
しかし、服を高温のお湯に浸けることは同時に服を痛めてしまう可能性が高いため、その点は注意しましょう。

乾燥機で高温乾燥する

コインランドリーの乾燥機の高温乾燥機能を使うことにより、ダニを絶滅させます。

ダニを絶滅させるためには「熱」、「乾燥」しかありません。
近所のコインランドリーの乾燥機の高温乾燥機能を1時間利用することで簡単にダニを絶滅させることができます。

しかし、コインランドリーは日本のような先進国にしかありません。
よって、わたしのように海外で生活している方には、利用が難しいでしょう。

まとめ

服にうつったダニの退治は、ダニがどうすれば全滅するのかを知った上で対応する必要があります。
対応の仕方を間違えばダニは繁殖を続け、刺されるリスクが高まってしまいます。

そんなことにならないように、服にうつったダニはしっかりと適切に退治するようにしましょう!

スポンサーリンク

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

渋滞でイライラする人必見!解消法!!

スポンサーリンク 渋滞ってイライラしませんか!? お盆やお正月のシーズンになると、車での移動には渋滞が付きものです。 テレビでは、頻繁に渋滞状況が報道されるように長期休暇の風物詩でもあります。 しかし …

二日酔いを治したい!治し方・対処法を3つお答えします。

スポンサーリンク 12月は忘年会、1月は新年会とお酒を飲む機会が増えますね。 お酒をたくさん飲んでしまい、次の日の朝起きたら頭が痛い・・・ 二日酔いでお酒を飲み過ぎたことを後悔することってありますよね …

シンガポール駐在の持ち物にはこれが必要!シンガポール駐在のわたしが持って来なかった後悔している持ち物3つ

スポンサーリンク シンガポールにも慣れてきました 新しい環境にへの順応性は優れていると自負していますが、環境が変わると疲れますね。 わたしもシンガポール駐在が決まり漸く生活環境が落ち着いてきましたので …

海外駐在が仮想通貨について考えてみた。

スポンサーリンク 最近は、日本はもちろんアジアの国でも寒い状況が続いています。 どうやら、こんな寒波が来ることは久し振り?珍しい?ことだそうです。 クーラーガンガンの環境下で慣らしているシンガポールで …

紅まどんなってどんなミカン?ミカン通が絶賛オススメするミカンを紹介します!

スポンサーリンク 冬になると、こたつでミカンを食べたくなりますよね。 「紅まどんな」ってミカンについてご存知でしょうか? 最近では、少しずつ知名度も高くなってきているようです。 しかし、まだまだ世間で …